Kmkfhnku9xfgbzgskyvx

プレゼント

CATEGORY | プレゼント

【花言葉】怖い意味を持つ花ランキング10!場面別にご紹介!恋愛も!

2018.12.09

花言葉には怖い意味を持つ花があることをご存知でしょうか。花言葉には「嘘つき」や「裏切りの恋」など恋愛にまつわる意味から、同じ花でも赤い花など色によっても意味が違います!怖い意味を持つ花をランキングで紹介、さらに、菊や牡丹は怖いのかも調べてみました。

  1. 花言葉で怖い意味を持つ花ランキング10!
  2. 花言葉で怖い意味を持つ花ランキング10!【第10位】
  3. 花言葉で怖い意味を持つ花ランキング10!【第9位】
  4. 花言葉で怖い意味を持つ花ランキング10!【第8位】
  5. 花言葉で怖い意味を持つ花ランキング10!【第7位】
  6. 花言葉で怖い意味を持つ花ランキング10!【第6位】
  7. 花言葉で怖い意味を持つ花ランキング10!【第5位】
  8. 花言葉で怖い意味を持つ花ランキング10!【第4位】
  9. 花言葉で怖い意味を持つ花ランキング10!【第3位】
  10. 花言葉で怖い意味を持つ花ランキング10!【第2位】
  11. 花言葉で怖い意味を持つ花ランキング10!【第1位】
  12. 花言葉で怖い意味を持つ花ランキング10【ボタン(牡丹)は怖くない?】
  13. 花言葉で怖い意味を持つ花ランキング10【キク(菊)は怖くない?】
  14. まとめ:花言葉で怖い意味を持つ花ランキング10!
花を贈る時に気を付けたいのが「花言葉」ですよね。「愛」や「ありがとう」など普段なかなか言えないことでも、花を贈ることで言いにくい事も伝えることができます。 しかし、花言葉の中には「嘘つき」や「呪い」など怖い意味を持つ花があることはご存知でしょうか?赤い花には「希望」という意味があっても、色が違うだけで全く異なる意味になってしまいます!今回は、怖い意味を持つ花をランキング形式でご紹介します。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1535780429486-94a540c2f0f9?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80

クローバー(シロツメクサ)

春から夏にかけて咲く「クローバー」の正式名称は「シロツメクサ」です。クローバーという名前は、ラテン語の「tres(数字の3)」「folium(葉)」が由来で、古代から四つ葉のクローバーは十字架に見立てられ幸運の印と考えられてきました。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1537375567040-6821364a874a?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80

クローバーの花言葉は「幸運」「約束」

クローバーの花言葉は「私を思って」や「幸運」「約束」などの意味があります。また四つ葉のクローバーの花言葉は「幸運」「私を思って」そして、白いクローバーは「私を思って」「約束」など恋愛で使える花言葉ばかりに思えるでしょう。しかし、クローバーにはもうひとつ隠された怖い意味があります!
引用: https://images.unsplash.com/photo-1489981424607-45c58daf0581?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80

クローバーの花言葉には「復讐」の意味も!

クローバーの花言葉には「復讐」という意味も込められています。そのため、好きな人や大切な人にクローバーを贈る時は注意しましょう。相手が花言葉に詳しいと「復讐」ととらえてしまう可能性があるからです。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1444167827109-712640e22c8e?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80

ゲッケイジュ(月桂樹)

古代ギリシア神話でも「ゲッケイジュ(月桂樹)」はアポロンの聖樹として神聖視されてきました。ゲッケイジュ(月桂樹)全体の花言葉は「栄光」「勝利」「栄誉」などで、スポーツの祭典などで勝利をおさめた者にゲッケイジュ(月桂樹)の冠を作って勝利を祝います。
Fcomrjjnokmlpyq7dxak
引用: https://www.instagram.com/p/BqT6ogmn5HN/

ゲッケイジュ(月桂樹)の花・葉の花言葉が怖い!

ゲッケイジュ(月桂樹)全体の花言葉は良い意味ばかりですが、花・葉とそれぞれの意味が怖いことをご存知でしょうか。 ゲッケイジュ(月桂樹)の花の花言葉は「裏切り」、そして葉は「私は死ぬまで変わりません」です。恋愛で何かトラブルが起きた時、相手からゲッケイジュ(月桂樹)の花だけ、または葉だけを贈られたら用心しましょう。
At88vuvrhj9kd9leeke7
引用: https://www.instagram.com/p/BbT7JSuH1wi/

ハナズオウ

枝いっぱいに紫がかったピンクの花をたわわに咲かせる「ハナズオウ」は、日本人好みの花と言えるでしょう。花言葉も「高貴」や「目覚め」「喜び」などの春の訪れを喜ぶ意味があります。しかし、ハナズオウの花言葉の中には「裏切り」「エゴイズム」「裏切りのもたらす死」「裏切り」など怖い意味もあります。
Edp49pz0tewivtk94quy
引用: https://www.instagram.com/p/BhTPSlGhbmZ/

ハナズオウの怖い花言葉はキリスト教の伝説からだった!

ハナズオウの花言葉の中に怖い意味がある理由は、キリスト教の伝説から来ていることがわかりました! 新約聖書によると、キリストから特別な伝道の使命を与えられた12使途の内のひとりユダが、キリストを裏切りそれを後悔して「セイヨウハナズオウ」の前で命を絶ってしまいます。この伝説とハナズオウが繋がり「裏切り」「エゴイズム」などの花言葉を生んだと考えられます。嘘つきな人に贈りたい時には最適ですが、後で仕返しをされないように注意しましょう。
Jk83aniielu6f5zkuq4i
引用: https://www.instagram.com/p/Bi0WufpjfOG/

マンサク(満作・万作)

日本の固有種である「マンサク(満作・万作)」は、2月から3月頃咲く花です。名前の由来は山で一番早く咲くことから「まず咲く」が転訛(訛って意味が転じたこと)したと考えられています。また、「豊年満作」祈願にもかけていると考えられています。 豊年満作を祈って名前がついたマンサクですが、花言葉は「呪文」「魔力」「霊感」「ひらめき」と怖いことで有名です。実は、かつての風習が花言葉と繋がっていることがわかりました。
Oryyshv9jnxupa14iqjh
引用: https://www.instagram.com/p/BqxyX3ync01/

マンサク(満作・万作)の花言葉は昔の風習が由来

マンサクはかつて、東北地方で占いに使われていました。マンサクの花の咲き具合でその年の作物の状態を占っていました。また、アメリカ先住民もマンサクの枝を占い棒として使用しており、この風習がそのまま花言葉に使われたと考えられます。
Bpa6gxw1btbiburjb9jf
引用: https://www.instagram.com/p/BqHFiXahPyK/

スイレン(睡蓮)

朝に花を開き、夕方に花を閉じる「スイレン(睡蓮)」は、古代エジプトで太陽のシンボルとされ装飾に使われたり神話に多く登場します。スイレン(睡蓮)には白や黄色、ピンク、青系と色があり、花言葉は「清純な心」「信頼」「信仰」があります。しかし、スイレン(睡蓮)には「滅亡」という意味もあります。この意味は、古代ギリシア神話が関係していることがわかりました。
Quup3z8tmle2fm1aclt4
引用: https://www.instagram.com/p/BrFmloYl2LE/

花言葉「滅亡」と古代ギリシア神話の関係

スイレン(睡蓮)に「滅亡」という花言葉がある理由は、ギリシア神話のヘラクレスと妖精ニンフの話が関係しています。 ギリシア神話の英雄ヘラクレスに捨てられたニンフはナイル川に身を投げてしまいますが、しかしニンフは妖精の姿に変身します。普段は妖精の姿で暮らしていましたが、人が川に近づくと「スイレン(睡蓮)」の姿に変身して身を隠します。しかし、美しいニンフのスイレン(睡蓮)を摘もうとすると、怪物に変身して水中に引きずり込んでしまいます。
このギリシア神話から転じて、スイレン(睡蓮)に害をなすと自らを亡ぼす=滅亡するという意味になったと考えられています。池に浮かぶスイレン(睡蓮)は美しいですが、摘もうとすると自らを亡ぼす結果を招きかねません。
Odrvsmqct2klyym2biqd
引用: https://www.instagram.com/p/BrFofe2FFvQ/

マリーゴールド

春から秋にかけて咲く「マリーゴールド」は、オレンジや黄色などがあり、主にメキシコが原産です。名前の由来は「聖母マリアの黄金の花」という西洋の風習であり、年に数回ある聖母マリアの祭日にいつもマリーゴールドが咲いていたからです。そんな神聖な花であるマリーゴールドですが、花言葉がとっても怖いことを知ってますか。
Msirldf4hileoopf1bh3
引用: https://www.instagram.com/p/BrCp5pOF0m2/

マリーゴールドの花言葉は「嫉妬」「絶望」

マリーゴールドの花言葉は「信頼」や「健康」などがあり、長寿を祝う時に贈る花として人気です。しかし、「嫉妬」や「絶望」という意味もあるので、送る際には注意が必要です。 恋愛でのトラブル、嘘つき呼ばわりされた時にマリーゴールドを贈られたら、自分の行動や言動を振り返ってみましょう。
Jhvo8padvrskzyrguggc
引用: https://www.instagram.com/p/BrCiFgrFu7r/

アザミ

キク科に属する「アザミ」は世界で約250種類以上、日本だけでも約60種類以上もある多年草です。3月から10月にかけて咲き、紫がかったピンクの花は漢方薬にも使われます。アザミの花言葉には「独立」「厳格」「満足」などの意味がある一方、「復讐」「「触れないで」という意味もあります。
Bmenzmvlxa0yo9dv3acm
引用: https://www.instagram.com/p/Bq0jYTwFQ3M/

アザミの見た目が怖い花言葉を生んだ?

アザミにはトゲがあり、それが「復讐」や「触れないで」という意味になったと言われています。また、スコットランドではアザミを国の花として制定しており、由来は1263年にノルウェー軍が侵攻してきた時、アザミのトゲで国土を守ったと言われています。 一方でキリストが処刑された後、キリストを張り付けにしていた釘を地中に埋めると、そこからアザミが生えてきたことから「祝福されたアザミ」「聖なるアザミ」という伝説も残っています。
Cfvg9euayakawa65r5es
引用: https://www.instagram.com/p/BrFcmhLgG7v/

オキナグサ(翁草)

4月から5月にかけて赤紫色の花を咲かせる「オキナグサ(翁草)」は、日本や中国、朝鮮半島が原産です。名前の由来は、白く長い綿毛が老人の頭に見えるため、そこから「オキナグサ(翁草)」と名前がつきました。オキナグサ(翁草)の花言葉は「奉仕」「清純な心」などの意味があると同時に、「裏切りの恋」「背徳の恋」という意味があります。
Oqsscpkpdvvxl7cdn62l
引用: https://www.instagram.com/p/Bg675oVnHXn/

オキナグサ(翁草)の怖い花言葉は見た目から生まれた

赤紫色の花を咲かせるオキナグサ(翁草)に「裏切りの恋」「背徳の恋」という意味が生まれたか調べてみると、オキナグサ(翁草)の咲き方が原因でした。 オキナグサ(翁草)はうつむいて咲くため、その姿が恥ずかしがりな乙女とう印象を与えました。そこから「裏切りの恋」「背徳の恋」などの知られたくない恋愛をしている意味に転じていきました。オキナグサ(翁草)を贈られたら、秘密の恋愛を知られたと覚悟を決めましょう。
Tnld9m5zdmlm7z3ugwzc
引用: https://www.instagram.com/p/BhIcMX-l7MP/

ロベリア

春に咲くロベリアは、紫や青、ピンク、白、青紫、赤紫など色が豊富な花です。名前の由来はオランダ・フランドルの医師であり植物学者マティアス・ロベルの名前にちなんで名付けられました。ロベリアの花言葉には「謙遜」という意味もありますが、同時に「悪意」という意味もあります。
R3ybzsywparii4dc8nrg
引用: https://www.instagram.com/p/Bq9OUyil-jp/

ロベリアの怖い花言葉は注意喚起?

実は、ロベリアは毒性の花であり、見た目が綺麗だからといって食べたり密を飲むと死に至る危険性があるからです。そのため、花言葉で注意を促しています。 嘘つきや危険な恋愛をしているわけでなく、毒があることを花言葉で知らせてくれるなんて、なんて親切なんでしょう!
Vopexzygirk0hbcz6afu
引用: https://www.instagram.com/p/Bq_nt0GlRHZ/

クロユリ(黒百合)

純白の大輪の花を咲かせる「ユリ(百合)」は、ガーデニングなどに人気で新しい園芸品種が誕生しています。日本でも「立てばシャクヤク、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」などと美しい姿をほめちぎる時にユリ(百合)が使われます。 ユリ(百合)の花言葉は「純潔」や「恋」という意味がありますが、ユり(百合)の中でも群を抜いて怖い花言葉を表すのが「クロユリ(黒百合)」です。クロユリ(黒百合)には呪いという意味があります。
C649drgsibsmywznqayw
引用: https://www.instagram.com/p/BrFLpRRl58U/

クロユリ(黒百合)の花言葉は伝説が由来?

クロユリ(黒百合)が「呪い」という花言葉が生まれた原因は、日本の「黒百合物語」に由来しています。 戦国時代の武将・佐々成政には「小百合姫」という側室がいました。ある時、小百合姫の妊娠がわかりますが、それをねたんだ正室や他の側室たちが「小百合姫のお腹の子は浮気相手の子」という嘘の噂を流します。これに激怒した佐々成政は小百合姫を処刑、さらに一族をことごとく投獄して殺してしまいます。
小百合姫は死に際「黒百合の花が咲くとき、佐々家は滅びる」と呪いをかけて亡くなります。その後、佐々家は滅亡、小百合姫の呪いが現実となってしまいました。 この「黒百合物語」からクロユリ(黒百合)は怖いというイメージとなり、贈り物として選んではいけない花No.1になっています。もし、クロユリ(黒百合)を贈られたら、あなたは嘘つきかもしれません。嘘つきと誤解されないためにも言動や行動には注意しましょう。
It14lw4dmbo7b7tfcakz
引用: https://www.instagram.com/p/Bq4f7NKAtOt/
「怖い花言葉」と聞くと、イメージしてしまうのが「キク(菊)」や「ボタン(牡丹)」などではないでしょうか。しかし、これらの花には花言葉には怖い意味がないことがわかりました!「キク(菊)」「ボタン(牡丹)」の花言葉と怖い意味があるとイメージしてしまう理由を考えてみましょう。まずはボタン(牡丹)について考えてみましょう。
Ob8ahnydzfwcjgxl6zls
引用: https://www.instagram.com/p/Bqla9vhF1Fh/

ボタン(牡丹)の花言葉は「風格」「恥じらい」

「ボタン(牡丹)」は中国を原産とする花で、新年のお祝いには欠かせません。日本では古くから薬用として使用されてきたボタン(牡丹)ですが、観賞用としても親しまれています。 ボタン(牡丹)の花言葉は「風格」「富貴」「恥じらい」です。中国ではボタン(牡丹)のことを「富貴草」「花王」などと呼ばれており、上級階級の人々に親しまれてきました。
ボタン(牡丹)に怖い意味の花言葉があるか調べてみましたが、特に怖い意味がないことがわかりました。では、なぜボタン(牡丹)の花言葉が怖い、というイメージがあるのか調べてみると、「ツバキ(椿)」と間違えて認識している可能性が出てきました!
Rwlukmjjvigcfpyxt5pk
引用: https://www.instagram.com/p/BrFjxhjguYF/

ボタン(牡丹)は怖い意味!というイメージはツバキ(椿)と間違えているから?

ツバキ(椿)は冬から春にかけて咲く花で、赤や白、ピンクなど色も様々です。花言葉も「控えめなすばらしさ」「気取らない優美さ」などツバキ(椿)の花のイメージにピッタリ合う花言葉です。しかし、ツバキ(椿)は入院見舞いに向かない花と言われています。ツバキ(椿)は花を散らす時、花全体が茎から落ちて散ります。この様子が「首から落ちる」という怖い連想を引き起こすため、入院見舞いにツバキ(椿)はNGと言われています。
ボタン(牡丹)とツバキ(椿)は一見するとよく似ている花であり、混同する人も少なくありません。そのため、ボタン(牡丹)は怖いというイメージがついてしまったのでしょう。ボタン(牡丹)は決して怖い意味はなく、贈り物として最適です。花言葉も気品あふれる意味ばかりなので、素敵な人に贈りましょう。
Rrlvhq3edq1ows81wicu
引用: https://www.instagram.com/p/Bh3RqDaFpYr/
ボタン(牡丹)は怖い意味の花言葉がないことがわかりました。では次にキク(菊)の花言葉、そしてなぜ怖い意味があると思われているのか考えてみましょう。
Bskkuiluiasfolwlhtyl
引用: https://www.instagram.com/p/BrBeKAVHXSB/

キク(菊)の花言葉は「高貴」「高潔」「高尚」

秋を象徴する花「キク(菊)」は日本人にとってなじみ深い花のひとつです。鎌倉時代、後鳥羽上皇がキク(菊)の花を好み、そこから天皇家の家紋にしたと言われています。 「キク(菊)」の花言葉は「高貴」「高潔」「高尚」です。また赤いキク(菊)は「あなたを愛してます」、白いキク(菊)は「真実」、そして黄色いキク(菊)は「敗れた恋」を意味します。
Oj6xay3ry8cjxub5euvk
引用: https://www.instagram.com/p/Bq64ShMFx0K/

キク(菊)は怖い意味!というイメージはお葬式から?

キク(菊)の花言葉を他にも調べてみましたが、怖い意味はありませんでした。なぜ、怖い意味の花言葉があると思われてしまうかと調べてみると、キク(菊)が献花として使われるからだと考えられます。
お葬式やお墓参りに欠かせない花がキク(菊)です。ではなぜ、キク(菊)が使われるのか調べていくと、西洋文化が日本に入ってきたことが原因です。西洋では、お墓参りで使う花はキク(菊)と昔から決まっており、その文化が日本に入ってきてことが原因と考えられます。
西洋でのキク(菊)の花言葉を調べると、日本の花言葉と同じように「高貴」や「あなたを愛してます」という意味があり、亡くなった人への哀悼の意をキク(菊)に込めているのでしょう。キク(菊)には怖い花言葉はないので、贈り物として最適でしょう。
Qwugr7vjzk7uc5suevhi
引用: https://www.instagram.com/p/BrB3paGnQ9n/
様々な意味を持つ花言葉ですが、中には「呪い」や「絶望」「嘘つき」など怖い意味を持つ花があることがわかりました。また、赤い花には美しい花言葉、しかし黒い花には怖い花言葉など、同じ花でも色によって花言葉が異なることもわかりました。見た目がキレイという理由だけでなく、花の持つ花言葉も考えてから贈り物として選ぶと良いでしょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1511731815712-d56d47245cc8?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images.unsplash.com/photo-1516037239867-ff3e7ad0d607?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80